どうも、逃げ転職ブロガーの大窪航士(@angrykubo)です。

とりあえず辞めちゃったときの救済”失業保険”って知ってますか?

失業保険ってなによ?


転職をしようと考えたとき、とても心強い助けになってくれるのが”失業保険”。

失業後半年までは生活に必要な金額を補助してもらうことができる保険です。
失業保険が適用されれば、転職する前の職場を退職した後で転職までに間が空いてしまったとしても半年の間はとりあえず生活できるってことですね。

 

条件は前の職場に1年間以上勤めている実績があること。
失業保険の給付額は、以前の職場の給与などを基準にして算出されます。

がいこつくん
でも働いてたときよりは少ないでしょ?

前の職場の給与から何割か引かれた金額になるとだけ覚えていて、その金額だけでは生活していくことができないと勘違いしている人が多いです。

しかし失業保険の給付額からは、企業に勤務しているときに差し引かれる厚生年金などの控除がなくなるため、一般的には前の職場に勤めていた時に比べて、実際に給付される金額はほとんど変わんないことが多いです

ぼく
支給の金額は働いてた時より減るんだけど、税金が浮く分あんまり変わんないってことすね

もしも転職先がすぐに決まらなくても、一定の生活費の保証をしてもらえるのであれば、「生活費がない!」と焦って環境のよくない職場に転職してしまったり、貯金がないからという理由で転職をあきらめて、働きにくい職場に長く残ってしまったりするという、いわゆる負のスパイラルにはまることは避けられるはずです。

失業保険をもらうためには?

とはいえ、失業保険を給付してもらうためには、ただ待っていればいいというわけではありません。

本人確認書類や、前の職場からもらえる「離職票」という手続き書類などといった必要なものをそろえて、ハローワークで手続きをおこなう必要があります。

また、手続き後にも定期的にハローワークに足を運び、「求職活動をおこなっている」という実績を示す必要があります。

ぼく
ハロワに通う理由は手続きのためだけなんだよね・・・

退職理由でもらえるタイミングが変わる

ちなみに退職理由によって失業保険でもらえるタイミングが大きく変わります。

  • 自己都合による退職=通常の退職。こちらから会社側に辞めると伝える場合はほぼこれ。
  • 受給日→手続き後3か月後
  • 会社都合による退職=会社が倒産する・解雇されるなど会社から申し出がある場合。
  • 受給日→手続きしてすぐに

タイミングが変わるということはトータルでもらえる金額も変わります。

ハロワでしっかり確認してから退職日を決めることをおすすめします。

まとめ

失業保険はあくまでも「次の職場を探している人たちのための一時的なサポート」という立場の保険ですので、就職活動をまったくおこなっていない人には給付することができません。

転職活動をすすめるための一助として、上手に活用しましょう。

コメントを残す