転職サイトにいるブラック企業の見破り方まとめ【2017】

どうも、

すぐ辞めちゃう若者代表の大窪航士(@angrykubo)です。

 

あなたは応募した企業が実はブラック企業だった・・・なんて経験ありませんか?

 

ぼくは転職エージェントから飲食のとある会社を勧められ

エージェント
飲食の中では優良だから大丈夫だよ!

なんて言われて入社したら全員目が死んでる・・・ってことがありました!

あんまり思い出したくないよね!

 

でも実は転職サイトにはブラック企業がいっぱいのようで・・・

 

  • 入社前の話とまったく違う職種で働くことになった
  • サービス残業当たり前
  • 給料、休日などの条件が入社前と違う
  • 主に大声を出す研修に軟禁される

 

などなど、ネットやら周りやら聞くと、こんな会社で働き始めて苦しんでる人がいます

もし気付かずにブラック企業に入ってしまったら・・・

f:id:sumonification:20170907002541j:plain

 

f:id:sumonification:20170907002932j:plain

といった会社で働くことになってしまいます。あぁこわい。

まぁ気付いた時点で辞めればいいんだけどw

1週間で辞める人必見。経歴に残らない働き方をレクチャーするよ。

 

うーんどれかなー?

って運試しするわけにもいかないので、見破り方をレクチャーします。

 

これさえ知ってれば

 

ブラック企業に応募することがなくなります。

 

そしたらまじめな会社にもちゃんと人材が行きわたるようになるし

みんなも、ちゃんとした会社で働ける。

みんなハッピー。

ということでまとめました。

 

転職サイトにいるブラック企業の見破り方まとめ【2017】

会社名がすごい

たまにあるんですよね

株式会社アルマゲドンとか、大紅蓮氷輪丸株式会社みたいに名前が強いとこ

 

ましてや会社名に世界とか平和とか入ってると

ハードルが無駄に高い

 

なんていうか口だけヤローが多そう

 

でも実は

エクスカリバーとかレジェンドとかアルテマとか、実在するから書き辛い

 

家族みたいとか言う

規模が小さめの会社に多いんだけど

どこかの社長
うちの会社はアットホームなんです

アットホームってどういう意味なの?家にいるくらいだらけてもいいの?

会社=家だから帰る必要なくない?働け!ってこと?

 

年収がすごく増えた

チャラい社員
頑張れば頑張るだけ年収が上がる!20代で給与1,000万円の社員も!

まじかよ

ぼくの倍以上の年収ってすごない?

どれどれ、どんな仕事内容なんだ・・・?

 

  • 入社すればあなたも高年収の仲間入り!
  • 周りに差をつけるなら今しかない!
  • 年収が少ないと彼女もできないんだよね

 

まっっっったく仕事内容には触れずに

ただただめっちゃ儲かる!って書いてある

壺でも売るのかな?

 

「会社名 ブラック」で検索するといっぱいでてくる

まぁこれはやるでしょ

応募する前にまずやるべきことです

転職前にやっておこう!入社前に確かめたい「社風」はこうすればわかる!

ハロワ案件のほとんど

ハロワで見れる案件ってほとんどがどーしようもない募集ばかりです

 

なぜなら載ってる会社はハロワに載せることで

なんか偉い人
この会社はハロワに登録してるから、地域に貢献してる!補助金をあげよう

こんな流れでお金がもらえるシステムなんです

 

だから掲載するまでが目的で、

実はそもそも募集してない企業もあるんですね

どうしようもないジジイ
面接はしてやってもいいかーカモフラージュにねー

こんなんばっか

 

人事担当者が社長(ケースバイケースだけど)

零細、中小企業ではありがちなんですけど、社長が人事を決めてるケース。

(弊社もそう)

 

担当者はちゃんといるんだけど、

うだつの上がらない社員
最終的には社長が決めるから

なんてパターン。

何に対しても社長決裁が必要になる可能性あります。(弊社)

 

外から見てもわかんない分タチが悪いんですよね・・・

結局現場で育てる人たち以外(人事部の人や社長)がごちゃごちゃ言っても意味ないんですよ

 

でも、中には直接社長が話して人柄を見たい!

なんて優良企業もあるので一概には言えないです

 

まとめ

間違えてブラック企業に応募しちゃったら、時間も心もムダにしちゃいますからね

 

入社したら終わりではないけど、気をつけるにこしたことはないです

参考:

1週間で辞める人必見。経歴に残らない働き方をレクチャーするよ。

「正社員として働きたい20代」におすすめの転職サイトまとめ。

コメントを残す