退職届は2か月前に出す。辞める日は一切伸ばさない。

どうも、大窪航士(@angrykubo)です。

退職届なら3回出したことあるよ!今日は辞める日の話!

退職願っていつ出してる?

突然だけど、「辞めるよ!」って伝えるために退職願書くんだけど、いつ出してますか?辞める日の1か月前?辞める日ってどうやって決めてる?とりあえず辞めるって決めて上司に話してから出してる?

 

この質問にふわふわとしてハッキリ答えられないようなら、思った日に辞めることはまずできないです。

 

だって会社はできるだけ長く居てもらいたいですから。なんなら聞かなかったことにしておこう、くらい思ってます。適当なタイミングで出しても、上司のデスクに眠ってますからね。

 

この場合、2か月、3か月、半年、1年なんてずるずる引き伸ばされます。「人が足りない」「期の切り替えのタイミングで」「次の人事異動で」言い訳なんかいくらでもあります。じゃあいつ辞めるの?

2か月前なら引継は充分できる

結論から言うと、2か月もあればどんな職場だろうと引き継ぎはできます。

 

この日で辞めると決めた日から逆算して2か月の日程で退職願を出しましょう。

 

大事なのは、

退職願=直属の上司宛。筋を通すために出す。

退職届=人事宛。手続きで必要なので出す。

ぶっちゃけ、退職願はスルーしちゃうこともある。

 

「すみません、〇〇課長。ぼく来月いっぱいで辞めさせてください」

「なんだって!わかった、仕方ない。人事に伝えておくから、必要な書類はまた後でね。一先ずお疲れ様」

 

こんな感じだと改めて退職願は必要ない。「退職願書いた方がいいですか?」って聞いてもいいかもね。なんなら人事に直接会う中小企業だと、退職届も出さなかったこともあります。

跡を濁さない辞め方。

f:id:sumonification:20170831231231j:plain

まぁ辞める立場とはいえ、もう後はどうでもいいやー!ってなかなかならない。

普通の人はそこまでライン越えない。

跡を濁さない辞め方ってことで言えば2か月の間に、ちょっとやりすぎなくらいメモ置いていったりするとか。

ぼくは引き継ぎデータファイル作って、客の注意点から物の場所まで書いて辞めました。

 

所詮自己満足だけど、辞めた後も同僚と会うとかならちゃんとしてたほうが後でやりやすいですね。引き継ぎも立派な仕事なので胸を張っていいんです。

辞める日はビタ一日延ばさない

引き継ぎはしっかりしますよ、仕事だから。

でも辞める日は一切伸ばさない。ビタ一日伸ばさない。

 

次の会社が「この日から働いてほしい」と言われたことにしちゃいましょう。

そこでぐだぐだ言ってくるようなら、もっと早く辞めたほうがいいくらい。

辞めるときに言われる「きみに辞められると困る」はまやかし。

f:id:sumonification:20170831234229j:plain

「きみに辞められると困るんだよ」

言われます。なにを今更と思いますが、言われます。

だったら最初からそういう扱いしてくれないかなぁ!?

 

こう言われた場合は何かしら人手や上司の評価の問題で、辞められると困るんですね。つまりあなたが辞めることに対してではなくって、誰かが辞めることに対してです。

だって代わりの効かない仕事なんて、なかなかないし。

なんだかんだ居いなきゃ居ないでなんとかするんですよ。さみしいですが。

所詮その場取り繕いのまやかしです。

 

「あなたじゃなきゃだめなの」は恋人としか成立しませぬ。

でも、2ヶ月の間に挨拶はしておこう

そんでこの2か月の間に、できるだけ多くのお世話になった人たちに挨拶はしておいたほうがいいです。

筋を通すのはもちろん、打算的に誰か次の仕事に繋がりうる可能性を考えると、麗らかにしておいたほうがお得。

コメントを残す