20代で3回転職してわかった!転職を3か月で終わらせる完全ガイド

f:id:sumonification:20170723195409j:plain

どうも、大窪航士(@angrykubo)です。

最近ニュースになってる過労死についてこんなつぶやきを見て、ぼくが転職ブログをやろうと思ったきっかけを思い出したんです。

 

ぼくも最初は転職活動ってすごく苦労しました。

要領がつかめるまでは、ほんとに毎日ノイローゼになるんじゃないかって。

先に仕事を辞めたから無職なりの追われる恐怖。お祈りメールが来るたびに人生を否定されたような感覚。

書類選考すら通過できないから妥協しながら応募して、モチベ低いから余計に書類で落とされて・・・

 

でも今は違う。

3回の転職を経て必要な情報、考え方、面接での立ち居振る舞いはもうわかった。

4、5回目も可能だと思ってます。

 

でもこの知識、経験を活かすのは次の転職にじゃない。

みんなに教えたい。

辛い転職活動をしている人たちの助けになりたい。

こうすればもっと楽に転職できるよってナビゲートします。

人生のたった1%に関わらせてもらって、転職で人生を豊かにしてほしいと思ってます。

 

どうしようもないブラック企業で消耗する人、人間関係の拗れで会社に居たくない人、幾度とない心無い罵倒で精神を病んでしまった人。

 

転職すれば間違いなく変わります。

あなたのせいじゃない。環境のせいです。

もっと健康的に前向きに働ける環境は必ずある。

f:id:sumonification:20170727232857j:plain

できるだけ早く辞められるように、3か月で転職するためのプランを考えました。

転職の流れ、概要をわかりやすくカンタンに知ってもらえるように書いたので、ぜひ一度読んでみて!

20代の転職理由ベスト3

まずは20代のみんながどういう理由で転職してるのか。20代の転職理由上位3つはこれ。

f:id:sumonification:20170724213842j:plain

引用:転職理由ランキング2015年上半期 年代別 |転職ならDODA(デューダ)

あぁ意外にみんな前向きに転職してるのね。ぼくみたいに逃げの転職をしてる人はあまり多くなさそうだ(笑)

「他にやりたいことがある」は新卒の就活が上手くいかなかったんだろうね。

ミスマッチってやつ。

できるだけ大きい企業に入れるやつがすごいって呪いにかかってるんですよね。働き始めると解けるんだけども。

 

「他にやりたいことがある」とそれっぽく言うと「キャリアチェンジを検討している」。

”音楽で食っていきたい”も他にやりたいことだからねぇ。

プログラマーとして入社したけど営業のほうが向いてると感じたとか。

 

このキャリアチェンジは今の会社のままだって可能なんです。本来はね。

とはいえ上手くいく人はほんの数%だろうけど。

「とりあえず3年続けろ教」の信者が多すぎて話が進まないんですよ。3年続けてから考えてみろとか言う。

だから辞めたほうが早い。

 

給料が安いはともかく会社の将来が不安ってホントに?20代で会社の将来って気にしたことなかったわ・・・

「この会社で働き続けることが不安」ならわかる。それしかわからん。

 

20代の転職者の割合って?

じゃあどれくらいの人が転職を経験してるかというと、20代は35.3%と3人に1人は転職経験者。

f:id:sumonification:20170724223625j:plain

引用:2人に1人が転職経験あり 〜転職活動の実態調査 |転職ならDODA(デューダ)

このデータをどういう風に取ったかにもよりますがね。

転職サイトでアンケートを取ってたらそりゃ経験者多いよって話だし。

TwitterとかYahoo!知恵袋を覗いてる感じ、経験者はこんなに多くないよなぁ・・・転職したいけど何をしたらいいのって人、体感的には多い気がします。

 

これたぶん40代、50代以上になると転職経験者が減っていくのでは?転職って日本では比較的新しい取り組みですからね。「とりあえず3年続けろ教」の信者は年齢に比例します。

もっと上の60、70代は「とり3教」信者は人口の8割超えるよね。ぼくは無視するけど。

 

20代のうちにもっと転職して、自分にとっていい環境を探したほうがいいと思ってます。

これからもっと雇用が流動的になっていくので、転職経験がないほうが不利になりますよ。

なんで辞めたの?より、なんで続けてるの?を意識しないとダメな時代。

バイトだったらモメたり給料が安かったら、もっと良いとこ探すでしょ?なんで正社員でそうしないの?

 

20代で転職回数が多いのはよくない!はウソ?

おおよそですが3回以上転職してると多いかなって印象をもたれることが多いです。

じゃあ3回以上だと転職しにくいのか?と聞かれればそうでもないです。

 

だって3社以上なら誤魔化せばいいんです。

1つ前の会社はバレるけど、2つ前の会社にどれくらいの期間居たかなんてわかりはしない。

3つ前の会社なんかなかったことにしちゃえ。

f:id:sumonification:20170724230432j:plain

転職回数が多くて困ってる人はこうすればいい。仮にA社、B社、C社を経験してD社に転職しようとしたとする。

真:

2015年1月~2015年5月 A社

2015年6月~2016年1月 B社

2016年2月~2017年7月 C社

だとしたら

嘘:

2015年1月~2016年1月 B社

2016年2月~2017年7月 C社

こうすればいい。細かな辻褄合わせは必要ですよ。

同じ業界で転職するわけじゃなければまず通用します。

ハローワークで社会保険の登録番号からバレるのでは?と前は言われてましたが、個人情報保護法によりハロワの職員が個人の情報を企業に渡すのはNGになっています。

だから大丈夫!

 

とはいえ20代で3回以上の転職は多いので、ちゃんと辞めた理由と向き合ったほうがいいです。

たとえば飽きやすいなら、飽きがこなそうな毎日が変化する現場系仕事とかね!

www.kojiokubo.com

未経験業界・職種へのチャレンジは20代がベスト

f:id:sumonification:20170729193137j:plain

いろんなデータやら見せたけど3回転職できるくらいには、20代は転職しやすいです。

他の年代に比べたらめちゃめちゃ転職しやすい。

なので未経験の業種、職種へのチャレンジは20代のうちにしておきましょう。

ざくっとまとめは下の記事で。

www.kojiokubo.com

www.kojiokubo.com

まずは流れを掴んでおこう。

転職活動を進めていくのにはまずは流れを理解しておきましょう。ざくっとこんな感じ!

 

①転職サイト、転職エージェントに登録する。
②履歴書、職務経歴書をまとめる
③求人に応募する。面接の準備をしておく。
④面接を受けつつ、新たに応募しておく。
⑤内定!給料、勤務開始日を交渉する。

 

これを全部合わせて3か月でやろう!・・・という流れです。ここだけ掴んでおけばOK。

www.kojiokubo.com

そうそう上記事のタイトルにしてるけど、ぼくは50社はお祈りされました。

書類、面接含めて50社は落ちました。なんでここ応募したんだっけ・・・?

からここに入れたら全力で頑張る!ところまでバラバラと。

 

3か月と区切ったのは、要領を掴んで活動してた前回の転職が大体3か月でできたから。

ポイントを押さえれば3か月くらいでできますよ!

 

20代におすすめの転職サイトTOP3

ということでとりあえず登録しとけって転職サイト3つを紹介しておきます。

定番のリクナビネクスト

f:id:sumonification:20170610194628j:plain

とにかくまずはリクナビでしょ。求人掲載数がとにかく多いし全国対応だから、どこにいる誰でも見ておいて損はなし!毎週水曜日が新着求人の公開日だから、水曜はチェックしておきましょ。

 

あとグッドポイント診断もなかなか。

「冷静沈着」「適応力」「継続性」など18種類の項目からあなたの強みを5つピックアップしてくれる。

自己分析にどうぞ!

next.rikunabi.com

変化球のDODA

f:id:sumonification:20170611100621j:plain

リクナビが定番ならDODAは変化球。

掲載数はそこまで多くないけど、変わった企業の掲載が多くて楽しい。

今日見たらオリエンタルランドのSNSマーケッターとか国際協力機構のJICAとか、定番の転職サイトでは見られない求人がいっぱい。

「やりたいことがまだわかんない・・・!」なんて人はDODAを覗いてみるとヒントが得られるかもね!

 

診断好きならキャリアタイプ診断もどうぞ!

f:id:sumonification:20170611102331j:plain

会社の口コミサイト 転職会議

f:id:sumonification:20170514161929p:plain

転職会議は会社の口コミサイト。新卒のときに使ったであろう”みん就”みたいなもの。

ただ口コミを書いているのはその会社に勤めたことのある人が書いているので、それなりに正確な情報だと思う。

f:id:sumonification:20170514164008p:plain

グラフでやりがいや福利厚生、キャリアアップ制度を数値化して点数をつけている。

みんなが働きやすいと感じてるなら、点数は高いはず。

入社してみないとわからない部分を覗くことができるので、入社後のギャップが少なくてすむ。

応募する前にチェックしておくのが良い使い方。

ほんとは3つじゃ全然足りないからこっちで補足!

www.kojiokubo.com

とりあえずこの3つだけチェックしておけばスタートできるけど、やっぱり心もとない。

求人数=チャンスの数です。いろんな転職サイトを見て使いやすさ、求人の雰囲気(ガテン系が多い気がする・・・とか服飾系が多いなとか)をまず掴まないとね。

まとめ

大体こんなところで概況と流れ、どんなサイトから始めたらいいのかがわかったかと思います。

後は数をこなしつつ、運ですね!なんといっても相性ですから。

 

でも転職で少しでも人生が上向きになるなら、少し大変だけどやっておいたほうがいいです。

やりたいことやらずに人生を終わるなんて嫌でしょ。Twitterでもなんでも助力します!

コメントを残す