職種を変えるのはかなり難しい。共通点と大義名分を探せ。

どうも、大窪航士です。

今日は転職の中でも難しい「職種を変える」ことについて書いていきたいと思います。

転職で職種を変える難しさ。

f:id:sumonification:20170610135554j:plain

実は転職の中でも難しいといわれるのが「職種を変えること」です。営業→事務へ。事務→製造へ。業種だけ変えるのは比較的カンタンなのですが、職種を変えると仕事が変わる。やること全然違っちゃう。

www.kojiokubo.com

例えば『利益を昨年比10%伸ばそう!』とするとき、営業は「もっと売上を伸ばそう」事務は「経費のムダをなくそう」製造は「不良率を下げてコストを下げよう」こんな感じにアプローチ、考え方が違います。

中途採用で職種を変えるっていうのは、社会人としての下地はあるけど未経験の新卒がやってくるようなものです。20代でも後半になるほど職種変更の転職はし辛くなります。

ぼくは小売の販売 B to Cから化学系の営業 B to Bに転職しました。職種変更だけど、要するに接客だろ?と甘くみてましたが、全然違っていてギャップに戸惑ってます。受け・待ちの小売と攻め・動きの営業はまったく別の仕事だったのです。

なぜ職種を変えたいのか。

f:id:sumonification:20170709124833j:plain

ではなぜ職種を変えようと思ったのでしょう?「経験したけど接客業は向かないから事務に移りたい」「営業をやってみたけど人と話すのしんどい。製造で黙々とやってたい」ぼくの身の回りにはこんな人たちがいました。

新しいことをやってみたいというよりも「もうこれ続けられない・・・」と追い詰められたケースのほうが多い気がします。あぁ証券会社で心を病んだ同期が遊園地の整備を愉しんでやってるって聞いたのを思い出しました。

段階的に移れば転職もできる。

f:id:sumonification:20170703234409j:plain

難しいとか言いながら身の回りに職種変更に成功してる人がいますが、彼らはちゃんと順序を踏んでるんです。

正社員で接客業→派遣で事務へ→派遣先に気にいられて正社員採用。

正社員で営業→製造へアルバイト→アルバイト先へ正社員採用。

など、正社員のまま移るのは今のところ難しいと聞きます。まずは派遣やアルバイトになって成果や年数を認められた後で正社員を目指すのが一般的です。

しかし例外もあって、接客業や製造などの”未経験OK”で募集するような専門知識はすぐには必要ないとされている職種へ移るのは比較的カンタンです。事務へ移るのはけっこう難しい・・・

資格を持っているとスムーズな場合も

f:id:sumonification:20170709130625j:plain

職種を変えるのが難しいと言ってきましたが、資格が必要な仕事ではおおよそ関係ないといわれています。例えば公務員や理学療法士のように専門の試験を受けて職に就ける場合は、前職で何をやっていようが関係ありません。

あくまで試験を通過したのかどうか、その仕事を任せていい道徳や考え方が備わっているか、そんな考え方になります。

あるいは電気工事士や大型自動車免許などの専門資格が必要な仕事も同じように関係ありません。いろいろ行き詰ったら大型を取ってバスの運転手かフォークリフトの免許を取って製造に就くのは、割と現実的で食いっぱぐれない方法だったりします。

共通点と大義名分をつくりだせ。

それでも職種を変えたいという場合には共通点と大義名分が重要になってきます。

例えば事務から営業に移りたいなら、

「営業のサポートをするために専門知識を勉強して支えてきました。サポートするにつれ私自身も徐々に営業活動に参加するようになり、今では事務の段取りや知識を営業に活かすことができています。」

事務の専門知識を営業活動に活かせると考えてのアプローチです。もう少し数字や体験談を混ぜると立派な志望動機になります。専門知識という共通点を活かすことで、事務と営業の差を埋めています。

次に大義名分についても事務から営業に移りたいなら

「元々営業を希望していたのですが弊社の事務が人員不足になり、急きょ簿記を持っている私が短期間事務職を兼任してほしいと通達がありました。事務作業が多く、どうしても事務の比率が高まり志望していた営業の仕事ができていません。会社にも打診したのですが受け入れてもらえないので、転職を考えるようになりました。」

あくまで自分のせいじゃない。他人のせいで今の職種にいる。と理由づけをします。付け加えるなら

「営業活動へ活かせる知識・経験があると思って引き受けましたが、3年が経ちおおよそのノウハウは学ぶことができました。そろそろ本格的に営業として働いていきたいと考えています」

3年経っているのは勉強期間で、計画通り動いているんですと伝えることで大義名分ができます。

ここまでやって初めて同職種の人たちと同格に見てもらえるレベルかもしれません。いや経験がない分まだ足りないかな。それくらい職種変更というのは大きな壁なんです。

まとめ

職種変更は難しいというのは、ぼく自身の転職活動で強く感じた部分です。それぞれ経験してきたこと、表現の仕方、求められているものが違うので上手くいくケースもあるかもしれません。

コメントを残す