「あの時逃げなかった自分」が勇気をくれる時もある。

f:id:sumonification:20160907211415p:plain

人間は環境の生き物だから、辛い環境に居て

もう嫌になっちゃったら逃げなよってネットではよく言われますよね。

 

逆に現実では、辞めてどうするの?逃げ癖がつくよとか

いろいろ言いたい放題ですよね。

このブログでも

辛いことがあったら逃げなよってスタンスをとってますが

逃げちゃいけない時もあることを忘れちゃいけない。

逃げた後はどうなるか。

逃げるととってもスッキリします(笑)

具体的には

「会社辞めます!」と言って受理された日の爽やかさは

性欲なんかメじゃないよ。

f:id:sumonification:20160907213454p:plain

出典:http://kamikamidaioh.com/wp/wp-content/uploads/2013/01/jojo-josuke.jpg

僕は前職のストレスが激しくて

立ちくらみ、眩暈(歩いてる時に一瞬意識が飛ぶ)、胃痛、肩こり、首こり、過呼吸、鬱、手の痺れ、寝不足・・・うーん書ききれない。

それくらいしんどい職場でした。

 

たぶん辞めずに続けていたら、2~3年以内には死んでたと思うくらいに追い詰められてました。

逃げた結果、転職先は運よくホワイトな会社で

給料据え置き、通勤時間4分の1(転職前1時間半→転職後20分)、ストレスほぼなし

という奇跡に巡り合いました。

 

逃げてなかったら、今でも毎日死んだ顔で電車に乗ってたと思います。

ホントに逃げてよかった。

逆に逃げなかったらどうなる?

前職は3年間勤めましたが、2年目の頭には

上で書いたようなゾンビ状態になってました。

2年間丸々ゾンビ。

 

そうまでしてなぜ続けたのか。

なぜ3年間で辞めたのか。

 

それにはワケがあります。

①この状況を乗り越えたら、スゴいやつになれると思った

こう読むとちょっとバカっぽいですが

逆境は成長できるチャンスだとも思うんです。

 

おかしな理不尽は別として。

忙しすぎてストレスフルだった僕は

「これをこなせるようになった時、俺はまたレベルアップできる・・・!」

ってマジメに思ってました。

 

実際、今の会社で仕事をこなすスピードは、この時の経験が活きています。

何か小言を言われても

「あの時のアレに比べたら、甘すぎて口の中ネチョネチョだわ!」

 

②逃げた先で同じ目に遭うかもしれないなら、乗り越えなきゃいけないと思った。

僕は前職で鬼軍曹と呼ばれる直属の上司に、簡単に言えばしごかれてました。

打ち合わせ、電話、そのうち何気ない会話にも恐怖を感じ萎縮して手が震えて

上司とまともに話せない日が続いていました。

 

「辞めたい」と毎日何度も思ってましたが

辞めた先にも同じくらい厳しい上司が居たら・・・?

そう思ったら、辞められないのもあるけど

いつか乗り越えなきゃいけない問題なんだ、とも思いました。

結局これが原因で退職になったし、完全に乗り越えてはいないけど

立ち向かったことを後悔はしてません。

「あの時逃げなかった自分が勇気をくれる」

この言葉に何度背中を押されたか。

f:id:sumonification:20160907220854p:plain

出典:SOUL CATCHER(S) 2巻

③元カノが転職はイヤだって言った

男ってバカだよねぇ・・・

④近くの系列店にめちゃ好みのコが居て、関わりをもっていたかった

いや、ホント男ってバカだよねぇ・・・

⑤そろそろ身体が限界だった

3年間に特に意味はないです。

うつ病になって回復して、またうつになって・・・

のループを止めたかった。

 

そのサイクルが3年間でキリがよかった、それだけ。

なにより結婚して

うつになってでも上を目指すことに価値を感じなくなったことが

とても大きいです。

希望がある方に向かえばいいと思うんだよね。

逃げたことをまったく後悔してません。

でも同じくらい、あの時まで逃げなかったことを後悔してません。

 

逃げたから、今幸せに暮らせています。

逃げなかったから、身についたスキルで仕事ができています。

 

だから、逃げても逃げなくてもいいと思うんです。

どっちが今の自分にとって希望になるのかを、シッカリ判断することが大事。

結局どっちを選ぶかより、選んだ先で何をするかのほうが大事だしね。

いじょ!

コメントを残す