在職中の転職活動というのは、仕事をしながらですから難しいといえるでしょう。

ですが、これを逆手に取る方法があるので、それをご紹介したいと思います。

1.自社クライアントにさりげなく話をしてみよう

在職中の転職活動だからこそできる方法の1つが、今勤めている会社に行き来しているクライアントを捕まえて、良い情報を得るということです。

あなたが営業であればこれはすごくしやすいですがオフィスワークであっても、あなたの会社にいれ知恵るシステムを担当している会社の方は定期的に営業に来られますよね。

そういった方に、さりげなく「私、転職したいんですよね」などと話しかければ、「いい話がありますよ」なんてことにもなりかねません。

あまり大事にしないように、信頼できるクライアントさんに、自分の転職情報を促せば、あなたもそのクライアントと今まで繋がりがあったので会社の様子などもわかっています。

そのため、転職するには有利な条件を持っているので、相手方にもメリットとなるおすすめの転活方法です。

2.友達や知人に話をしてみよう

あまり近い存在の人と一緒に働きたくないかもしれませんが、それでも、そういう人が転職先にいてくれると、実はほっとすることがありますよね。

そこで、あなたの周りにいる友達の中で、あなたが興味のある職種に就いている方だとか、ある会社に働いていて、クライアントにちょっと興味のあることをしている会社があるという場合には、こういった人に頼りましょう。

自分の力だけで転活をしようと思うからストレスがたまります。

ですが、こうして、使える力をふんだんに使うことで、転職先の幅も広がりますし、在職中であっても、転職先を見つけやすく、それがあなたの運命の会社となるかもしれません。

ですので、友人や知人の会社、それに、そのクライアントまであたってもらい、自分がしたい仕事を在職中でもしていきましょう。

在職中の転職活動はもしかして有利かもしれません。

それをする際には、こんな方法でチャレンジしてみましょう。

コメントを残す