転職というのは、人生を左右する大切なものです。

今勤めている会社を退職してから、じっくりと行きたいところを決めようと思う方もいると思いますが、実際に履歴書を送ったりという転職の行動を、今の仕事を退職してからするのもいいですが、退職する前から、事前に転職サイトを見たり、転職先の絞込みをしておくことが必要になります。

というのも、転職サイトを長く見ていると、「この企業は、いつも求人募集をしているな」「数週間前に求人募集が出ていたのに、また求人募集が出ているな」という、ちょっと訳ありな雰囲気がする会社も見つけることができます。

せっかく転職をして、新しい会社に入ったのに、「とんでもなくブラックな企業だった」と後悔しないためにも、事前の下調べというのは大切なことです。

実際に、私が知っている企業は、人手が常に足りていないのですが、求人募集を常に出していると怪しまれるので、数週間に一度のペースで求人募集を出すようにしている、という会社もあります。

また、失業保険に関しても、仕事をすぐに見つける予定ならば問題ありませんが、じっくりと自分にあったところを選びたいと思っている方であれば、今の職場を退職する前に、手続きに関して調べておくと、転職活動中に、失業保険をもらえるということで、安心して仕事を探すことができます。

会社を退職すると、前の会社から、離職票が自宅に送られてきますが、会社によっては、退職後、1ヶ月ほどしないと資料を送ってくれないという会社もあります。

なので、会社を退職する際には、「離職票や、その他の退職時の資料は、すぐに届けてもらえるのか」ということをしっかりと確認しておくことが大切です。

ここでの手続きをすぐにしてもらえることにより、ハローワークへの失業保険の手続きをすぐにすることが出来き、待機期間を少しでも減らすことができます。

失業保険をもらっている際に、すぐに転職先が見つかった場合は、お祝い金として、失業保険の残りの分の何%かがもらえるという嬉しい制度もあるので、転職活動中の失業保険は、本当にありがたいものです。

コメントを残す