転職をしようと考えている人のほとんどが一度でも転職サイトを覗いたことがあるのではないでしょうか。大手の転職支援会社が運営しているサイトから業界特化型の求人サイトまで様々な転職サイトがあります。現在では転職活動するには転職サイトは欠かせないひとつのツールになっていますが、メリットはどんなものがあるのでしょうか。

ちなみに転職サイトと転職エージェントは違います。おおまかにいうと、転職エージェントは「担当アドバイザーが利用者について、利用者の希望を聞いて求人を選んで紹介してくれます。その後も応募から面接までアドバイザーを通してフォローを受けながら転職を進めていく」ことになります。しかし、転職サイトは「自分で転職サイトにある求人を調べて、自力で応募から面接までしていく」ことになります。なので、転職エージェントの方はフォローが手厚く、転職サイトは自分のペースでできるという違いがあります。

転職サイトのメリットと言いますと最初に出てくるのが、「自分のペースできる」ことです。面接日時や企業側の担当者へのやりとりなど転職するために自分が行動をしないといけないので、自分のペースで好きなようにできることが最大のメリットです。もうひとつ転職サイトを利用するメリットといえば「何社でも応募することができる」ことです。転職エージェントを利用すると担当アドバイザーが付いて転職者の希望に添ってくれ企業を探してくれるのですが、一社ずつしか紹介してくれません。転職エージェントは転職者を紹介して内定を貰えたらお金を貰える仕組みになっているので、多くの求人を一人に紹介して、何社も面接を受けさせるようなことはしません。その点に関しては転職サイトは何社でも受けることができ、自分が気に入った企業を選ぶことが可能です。

最近では転職サイトも簡単に登録できるようになっています。会員登録すると面接オファーやスカウトがメールで送られてくるところもあれば、求人案内のメールが送られてくるサイトもあり、とても手軽に利用することができます。

コメントを残す