転職をしようと考えたとき、いちばん心強い助けになってくれるのが「失業保険」だと思います。

失業保険が適用されれば、転職する前の職場を退職した後、転職までに間が空いてしまったとしても、前の職場に1年間以上勤めている実績があれば、失業後半年までは生活に必要な金額を補助してもらうことができます。

失業保険の給付額は、以前の職場の給与などを基準にして算出されます。

「前の職場の給与から何割か引かれた金額になる」とだけ覚えていて、その金額だけでは生活していくことができないと勘違いしている人も少なくありませんが、失業保険の給付額からは、企業に勤務しているときに差し引かれる厚生年金などの控除がなくなるため、一般的には前の職場に勤めていた時に比べて、実際に給付される金額が大幅に低いということはあまり起こらないようです。

もしも転職先がすぐに決まらなくても、一定の生活費の保証をしてもらえるのであれば、「生活費がない!」と焦って環境のよくない職場に転職してしまったり、貯金がないからという理由で転職をあきらめて、働きにくい職場に長く残ってしまったりするという、いわゆる負のスパイラルにはまることは避けられるはずです。とてもありがたいサポート制度ですよね。

とはいえ、失業保険を給付してもらうためには、もちろんただ待っていればいいというわけではありません。本人確認書類や、前の職場からもらえる「離職票」という手続き書類などといった必要なものをそろえて、ハローワークで手続きをおこなう必要があります。

また、手続き後にも定期的にハローワークに足を運び、「求職活動をおこなっている」という実績を示す必要があります。

失業保険はあくまでも「次の職場を探している人たちのための一時的なサポート」という立場の保険ですので、就職活動をまったくおこなっていない人には給付することができません。転職活動をすすめるための一助として、上手に活用しましょう。

コメントを残す